妊娠中の高血圧の原因が妊娠したことによるものだった。

私は妊娠13週目から血圧が通常よりかなり上がっていました。先生からは暫く様子を見ましょうと言われました。しかし16週目の健診の時にも高いままでした。その時はさすがに先生より体重の管理と塩分摂取を控えて下さいとの指導を受けました。

 

確かに食べづわりだったので体重が数週間で一気に増えていました。そして夫の母が助産師をしていたため相談すると「妊娠すると赤ちゃんの排泄等も母体が処理するために腎臓に負担がかかるからだよ。妊娠特有のもの。塩分を控えて体重管理してもどうしようもない時もありからね。」と言われました。

 

それからは塩分を計算し夫とはめんどうでしたが作り方を分けるようにしました。食べ物もバランス良く、塩分を排出するカリウムの多い野菜を食べたりしました。パンが大好きでしたが我慢しました。そうしているうちにつわりの辛い時期も過ぎると食欲も普通に戻りました。しかし、油断せずに減塩と甘いものは避け食べたいときは黒糖飴をなめていました。

 

全ては赤ちゃんの為だからと頑張りました。そして迎えた20週目の健診で最初は血圧が高いままでしたが落ち着いて再度測ると通常に戻っていました。私はホッとしました。先生からも「体重も頑張りましたね。この調子で続けて下さい。あなたは妊娠すると血圧が上がる体質なので。」と言われました。
この時私は妊娠とは自分の体の特徴がガラッと変わるものなんだと初めて知りました。

 

AFC ストレッチマーククリームの口コミ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    メタ情報

    GiottoPress by Enrique Chavez